【ターコイズS】悲願の重賞初制覇を狙うドナアトラエンテは5枠10番

スポーツ報知
重賞初Vを目指すドナアトラエンテ

◆第7回ターコイズS・G3(12月18日、中山競馬場・芝1600メートル)枠順決定

 牝馬限定によるハンデ戦のターコイズS出走馬16頭の枠順が17日、決まった。

 悲願の重賞初制覇を狙うドナアトラエンテ(牝5歳、美浦・国枝栄、父ディープインパクト)は5枠10番を引いた。前走の府中牝馬Sで3着のマルターズディオサ(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎、父キズナ)は7枠14番。初の56キロのハンデを背負うが、紫苑Sを制した中山で3つめのタイトルを狙う。昨年の2着馬アンドラステ(牝5歳、栗東・中内田充正厩舎、父オルフェーヴル)は5枠9番。トップハンデの56・5キロを克服して、中京記念以来の重賞2勝目を目指す。決定した枠順は以下の通り(馬番、馬名、性齢、斤量、騎手の順)。

(1)アクアミラビリス 牝5 54 浜中 俊

(2)ミスニューヨーク 牝4 53 ミルコ・デムーロ

(3)ドナウデルタ 牝5 56 鮫島 克駿

(4)フェアリーポルカ 牝5 56 三浦 皇成

(5)イベリス 牝5 56 酒井 学

(6)サンクテュエール 牝4 55 横山 武史

(7)スマートリアン 牝4 54 池添 謙一

(8)ムーンチャイム 牝6 53 大野 拓弥

(9)アンドラステ 牝5 56・5 岩田 望来

(10)ドナアトラエンテ 牝5 55 クリストフ・ルメール

(11)レッドフラヴィア 牝4 53 津村 明秀

(12)スマイルカナ 牝4 56 柴田 大知

(13)ジュランビル 牝5 53 菊沢 一樹

(14)マルターズディオサ 牝5 56 田辺 裕信

(15)ギルデッドミラー 牝5 54 戸崎 圭太

(16)クリノプレミアム 牝4 53 菅原 明良

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×