【中日】立浪和義監督、新外国人は「もしかしたら取らない可能性も」外野本格挑戦のA・マルティネスに期待

東海ラジオに出演した、立浪監督(中央)と大西外野守備走塁コーチ(左)、森野打撃コーチ(右)
東海ラジオに出演した、立浪監督(中央)と大西外野守備走塁コーチ(左)、森野打撃コーチ(右)

 中日・立浪和義新監督が15日、名古屋・東海ラジオ「立浪ドラゴンズ監督就任スペシャル」に、大西外野守備走塁コーチ、森野打撃コーチと生出演した。

 リスナーからの質問で「外国人獲得」について聞かれると、指揮官は「まだはっきり決まってないが、(来季から外野に本格的挑戦する)A・マルティネスより長打がある選手がいないので、もしかしたら取らない可能性もある。秋も志願して残ったし、もしかしたら日本に入国するのが遅くなる新外国人よりも、秋からずっと見てる選手の方が頼りがいがある。外野手も使える選手が多い。長打が打てる選手がいれば、本当は欲しかったが(映像を)見てる中ではそんなにいなかった。もしかしたら取らない可能性もあります」と話した。

 担当の大西コーチは、A・マルティネスについて「秋季練習からしっかり練習した。最初からちょっとずつうまくなっている。決してうまいわけじゃないが、飛んできたボールを自分の脚力で取ってくれれば十分」と成長を認めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請