【DeNA】牧秀悟が新人特別賞 新人王ならず「悔しい部分はある」…来季以降は打点王に照準

スポーツ報知
牧秀悟が新人特別賞 新人王ならず

 タイトルホルダーや最優秀選手、最優秀新人といった今シーズン活躍した選手たちをたたえる表彰式「NPB AWARDS 2021 supported by リポビタンD」が15日、都内で開かれ、DeNA・牧秀悟内野手(23)が、新人特別賞を受賞した。ヤクルト・奥川、阪神・伊藤将、中野、佐藤輝も同賞を受賞した。新人王には届かず牧は「1年目しか取れない新人王を目指した1年間だったので悔しい部分はある。特別賞という素晴らしい賞を頂いたのでうれしく思います」とコメントした。

 5人並んでの表彰式。牧は「来年はこの数字より少しでもいい数字を残して賞をとって、この舞台に戻ってきたいと思います」と表情を引き締めた。5人の中で誰が1番すごいと思うかという質問に伊藤将、佐藤輝が上げたのは牧(奥川は4人全員、中野は奥川)。牧は佐藤輝の名前を挙げて「(佐藤)輝明がすごいなと。自分にはないすごいホームランを打つ。自分には足りないのですごいなと思いました。特に前半はいつでもホームランを打っていたのでずっとチェックしていた」と話した。

 来季へ向けては「打率も残したいけど打点でチームに貢献出来ると思うので、打点をしっかり稼げるようなバッターになりたいなと思います」と意気込んだ23歳。再び表彰式に戻ってくるべく「いつかは打点王をとって帰ってきたい」と目標を口にしていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×