馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【藤田晋の新人馬主日記】「祝!朝日杯制覇!」「祝!3着以内!」くす玉2パターン用意してます

ドーブネが馬主1年目の藤田オーナーにG1タイトルをもたらすか
ドーブネが馬主1年目の藤田オーナーにG1タイトルをもたらすか

◆第73回朝日杯フューチュリティS・G1(12月19日・阪神競馬場、芝1600メートル)

 朝日杯フューチュリティS・G1(19日、阪神)には馬主1年目でG1初制覇を狙う藤田晋氏所有のドーブネが登場する。サイバーエージェント社長で馬主としても活躍するオーナーのコラム「藤田晋の新人馬主日記」は連載3回目。G1の舞台に出走する愛馬への思いをつづった。

 今年馬主としてデビューしましたが、同時にしばらく休んでいた馬券の方も復活しました。特に2歳戦は自分の馬もいるし、POGにも参加しているので、ほとんどのレースを賭けて見ています。

 私の場合、全部ネット投票なので成績はデータで残っていて、この原稿を書いている時点で今年のトータル回収率は90%です。的中率は30%くらい。3回に1回くらい当てるので、どちらかというと本命党ですね。また、際限なく馬券を買えば必ず負けるので、1レースにつき最大10万円までという自主ルールを決めています。ただし、自分の馬が走るレースとG1だけは例外として、金額を増やしていいことにしています。

 さて、今週はその例外の両方に当てはまる、愛馬ドーブネがG1朝日杯FSに出走します。ドーブネ馬券を自分でいくら買うかはともかくとして、馬主初年度にG1に注目馬の一頭として参加できる幸せをひしひしと感じています。

 ところで馬主になって不思議に思ったのですが、なぜ馬主の馬券購入は禁じられてないのでしょうか? インサイダー情報とかはないのでしょうか? それについては馬主になってみて分かりました。実際、厩舎から馬主に届く情報は、全く同じ内容が新聞やニュースにすぐに載ります。また、調教師や騎手など中の人であっても、主観を排除し、相対的にどの馬が強いのかを当てることは困難だということです。むしろ客観的な第三者の方が、まだ中立的な予想ができると思います。

 今年の2歳戦のほとんどを客観的に予想してきた身としては、重賞を勝っているジオグリフやセリフォスといった馬は非常に怖いです。でも、武幸四郎調教師は「ドーブネはG1を勝てるだけの能力がある」と言ってくれました。ただし、気性の難しさを克服できればという条件付きで、レースのその日まで、厩舎をあげてドーブネと向き合ってくれています。

 馬の素人の私には何もできませんが、当日、関係者の祝賀会の会場はもう押さえました。そして、豪華なくす玉も手配しました。その中身は「祝! 朝日杯制覇!」と「祝! 3着以内!」の2パターンを用意してあります。どちらかは使えますように…。

 ◆藤田 晋(ふじた・すすむ)福井県生まれ。48歳。青山学院大学を卒業。インターネット事業を主に扱うサイバーエージェント代表取締役社長。ブログサービス「アメブロ」や動画配信サービス「ABEMA」などの事業も手がける。

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請