【ヤクルト】星知弥が現状維持の1700万円でサイン 新球習得に挑戦も詳細は「来年をお楽しみに」

 
 

 ヤクルトの星知弥投手が14日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1700万円(金額は推定)でサインした。

 今季は中継ぎとして25試合に登板し、0勝0敗1セーブ、7ホールド、防御率4・81。9月23日のDeNA戦(横浜)ではプロ初セーブもマークしたが、年間通して安定したパフォーマンスを発揮できなかったことを課題となった。「来年連覇するにあたって、僕自身の力をもっと上げていかなきゃいけない。(球団からは)そこの力になって欲しいと言われたので、もっと来年頑張らなきゃいけない」と気合いを入れ直した。

 今オフは昨年に続き、金久保らチームメートと自主トレを予定しており、「今年は25試合しか投げられていないので、最低50試合は投げなきゃいけない。ホールドも(来年は)20、30とどんどん上にいけたら」。来季へ向けて新球種の習得にも着手しているが、「来年をお楽しみに」と話すにとどめた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×