作曲家・鈴木淳さん死去 87歳 八代亜紀「なみだ恋」伊東ゆかり「小指の想い出」 虚血性心不全

スポーツ報知
虚血性心不全のため亡くなった作曲家の鈴木淳さん

 伊東ゆかりの代表曲「小指の想い出」や八代亜紀「なみだ恋」などを手掛けた作曲家の鈴木淳(すずき・じゅん、本名=藤田順二郎)さんが9日午前1時に虚血性心不全のため都内の自宅で亡くなった。87歳だった。葬儀・告別式は遺族の意向により近親者のみの密葬で営まれた。しのぶ会は「開ける環境になりましたら」としている。喪主は妻で作詞家の悠木圭子さん。

 鈴木さんは西田佐知子に提供した「恋なんてしたくない」で作曲家デビュー。67年、伊東ゆかりに提供した「小指の想い出」で第9回日本レコード大賞歌唱賞を受賞した。73年、悠木さんが作詞、鈴木さんが作曲した八代亜紀「なみだ恋」がヒットした。98年、日本レコード大賞で吉田正賞を受賞。2005年、旭日小綬章を受章した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請