江本孟紀氏が弔辞でノムさんを悼む「あなたに褒められたのは、たった一度しかありません」

スポーツ報知
野村克也さんをしのぶ会、弔事を読む江本孟紀(カメラ・今成 良輔)

 昨年2月11日に亡くなった野村克也さん(享年84)が在籍した阪神、ヤクルト、楽天、ソフトバンク、西武、ロッテの6球団が共同発起人となり、「野村克也をしのぶ会」が11日、神宮球場で開催された。南海時代から親交の深かった野球評論家の江本孟紀氏(74)が弔辞を読んだ。

 「あなたに初めて会ってから、来年で50年になります。長いお付き合いでしたが、思い返してみれば、私があなたに褒められたのは、たった一度しかありません」と語り始めた江本氏。

 東映でのプロ1年目を0勝4敗で終え、南海にトレードされて迎えた1972年4月9日、阪急との開幕戦ダブルヘッダー(西宮)。江本氏は2試合目の先発に抜擢されると、山田久志と白熱した投手戦を展開。延長13回に押し出し死球を与え、0-1で敗れた。

 「帰りのバスで野手に『お前ら、きょうは江本に借りができたな。次は返してやれよ』と声を張り上げてくれたのを、忘れもしません。2年目の春にあなたから『借りができた』と言ってもらえて、やっと野球選手になれた。プロでやれるかもしれないなと、自信が芽生えた。ただ、あなたから褒められたのは、後にも先にもあの1回きりです。その後、どれだけ勝っても、日本シリーズで勝利投手になっても、褒められた記憶はありません」とユーモアを交えた“エモやん節”で、故人をいたんだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×