大阪此花、完封リレーで2回戦進出!…第52回春季全国大会大阪北支部予選

スポーツ報知
完封発進を決めた大阪此花ナイン

◆第52回春季全国大会大阪北支部予選 ◇中学生の部▽1回戦 大阪此花ボーイズ2―0高槻ボーイズ(5日・萩谷総合公園野球場)

 「第52回春季全国大会」(報知新聞社など主催)の大阪北支部予選がスタートした。5日は1回戦3試合が行われ、大阪此花ボーイズが完封発進。千里山ボーイズは打撃戦を制し、それぞれ2回戦へ進出した。

 均衡を破ったのは9番打者のバットからだった。0―0で迎えた5回。大阪此花・大谷が「何とか塁に出よう」と左中間へ三塁打。続く永畑の打球は詰まりながらも右前へ。「早く落ちてくれ」。1番打者の願いは通じ、右翼手のダイビングキャッチを逃れる先制適時打となった。

 6回は頭脳プレーで加点した。無死一、三塁から一塁走者・藤井が一、二塁間に挟まれるのを見ると、三塁走者・濱内は果敢にスタート。「いけると思って走った。うまくタイミングを計れた」と余裕で生還した。

 先発左腕の友村は「バックが点を取ってくれるまで抑えられてよかった」と5回まで2安打無失点。6回からは先制打の永畑が登板。6回1死満塁の危機を背負ったが、投ゴロ併殺で切り抜けると、7回2死二塁でも後を抑えた。「緊張したが、うまく締められてよかった」と完封リレーを達成した。

 ケガのため、ベンチで声を出し続けた数島主将は「ピッチャーが頑張って、みんなが元気にやってくれた」と感謝。初戦突破の仲間を頼もしそうに見つめていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請