佐野史郎、自身の病気「多発性骨髄腫」を初公表…現在は薬でがん細胞をおさえる治療中

スポーツ報知
佐野史郎

 今年5月、腎臓機能障害による入院のため、TBS系ドラマ「リコカツ」を降板した俳優の佐野史郎(66)が10日、テレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・後1時)に出演し、自身の病気「多発性骨髄腫」を初公表。闘病について語った。

 佐野は、番組冒頭に自身の病名を「多発性骨髄腫」であると話した。現在は薬でがん細胞をおさえる治療をしているという。「この年になると体にガタがくると実感している」と話した。

 始まりは39度の熱が出て、腰痛などもあった。PCR検査をしたが陰性。翌日詳しく調べると多発性骨髄腫の疑いがあるとわかったという。「腎臓の数値が悪かったのは事実」と、当初公表していた腎臓機能障害もあったことを話した。

 抗生剤で治療していたが「2か月熱が下がらなくて、敗血症になってしまって…実際に一番つらかった」と話した。食欲はあって食事はとれていた。入院中、家族とリモートで一緒に食事をすることが楽しみだったという。

 同番組の放送後には公式サイトであらためて病状について説明。「当初発表いたしました腎臓機能障害はその通りで、血中の白血球の数値の異常から、腎臓機能の低下がわかり、そこから詳しく調べたところ、多発性骨髄腫と判明した次第です。入院中、敗血症を併発したこともあり、退院まで二ヶ月もの時間を要しましたが、退院後は化学療法を続け、仕事にも復帰し、日常生活に戻ることができました。現在は、再入院し、より徹底した治療をと、抗がん剤治療を行い、自分の血液から採取した幹細胞を骨髄に戻すという自家移植の治療中です。しばらくは治療、療養に専念することとなりますが、出演作品の放送等控えておりますので、そちらでお目にかかれましたなら幸です。」と記した。

 佐野は7月、自身のブログで退院したことを報告。当初は約1か月の入院予定が、高熱が続き、熱が下がった後も大事をとって2か月の入院生活になったと明かし、仕事復帰については「できることから少しずつ…と思っております。まずは体を休め、次なるステップへと進めるよう努めたいと思います」としていた。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×