Hey!Say!JUMP高木雄也の初単独主演舞台、コロナ中止から2年…悲願開催決定

スポーツ報知
舞台「裏切りの街」に主演する高木雄也

 Hey!Say!JUMPの高木雄也(31)が舞台「裏切りの街」(2022年3月12~27日、新国立劇場など)に主演することが9日、分かった。18年に八乙女光(31)と「薔薇と白鳥」に主演したが、単独主演は初めて。

 10年に三浦大輔氏が書き下ろした作品で、出会い系サイトで出会ったフリーターと専業主婦がお互いパートナーがいるにもかかわらず、ただ「裏切る」という行為に罪悪感を抱くことなく、日常生活を送っていくストーリー。当初は初演から10年たった20年5月に上演予定だったが、コロナ禍の影響で中止に。満を持して、来年3月の公演が決定した。

 舞台初主演の高木は、将来の展望もなく、現実から目を背けて人妻との関係におぼれるフリーターを演じる。「本来ならば20年に公演をさせていただいているはずだった作品です。コロナ禍で中止になってしまい、僕自身もとても悔いが残っていました」と一度は中止になった悔しさを明かしつつ、「改めてチャレンジする機会をいただけることになりました。ファンの皆様もすごく楽しみにしてくれていた作品でしたので、改めて気合を入れ直して、最高の作品を作り上げてお届けします」と約束した。

 相手役の奥貫薫(51)も「こうしてまた集まり、上演の機会に恵まれたことをうれしく思っています。この数年で世界は大きく変わり、人と触れ合うことや、新しく誰かと出会うことも、ままならなくなりました。それでも、人は人を求める、ということの意味を考えながら、22年ならではの『裏切りの街』をお届けできれば」とコメントを寄せた。

 東京公演のほかに、大阪公演は3月31日~4月3日、COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×