【香港カップ】海外初挑戦のレイパパレは3番ゲート 高野調教師「内枠が欲しいと思っていました」

スポーツ報知
高野友和調教師

◆香港カップ(12月12日、シャティン競馬場・芝2000メートル)

 日本馬3頭を含む出走馬12頭の枠順が9日に決まった。前走のブリーダーズCフィリー&メアターフを優勝して、日本調教馬初のBC制覇を達成したラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎、父ディープインパクト)は4番ゲート(馬番は12)に決定。海外G1・3勝目を目指す。今年の大阪杯を制しているレイパパレ(牝4歳、栗東・高野友和厩舎、父ディープインパクト)は3番ゲート(馬番は11)から海外初挑戦Vを狙う。

 矢作調教師(ラヴズオンリーユー)「シャティンは内側が有利な競馬場なので、大外だけは嫌だなと思っていました。いい番号を引けたと思います」

 高野調教師(レイパパレ)「内枠が欲しいいと思っていました。シャティンの2000メートルはすぐにコーナーがくるので、内めのいい番号が引けたと思います」

 なお、決定したゲート順は次の通り。(ゲート番、馬番、馬名、斤量、調教国)

 ◇第31回香港カップ(シャティン競馬場・芝2000メートル、日本時間12月12日17時30分発走予定)

(1)(2)パンフィールド 57 香港

(2)(9)マックスウィニー 56 アイルランド

(3)(11)レイパパレ 55・5 日本

(4)(12)ラヴズオンリーユー 55・5 日本

(5)(7)ベルリンタンゴ 57 香港

(6)(1)カーインスター 57 香港

(7)(8)ドバイオナー 56 英国

(8)(3)グロリアスドラゴン 57 香港

(9)(10)ボリショイバレエ 56 アイルランド

(10)(5)ロシアンエンペラー 57 香港

(11)(6)トゥールビヨンダイヤモンド 57 香港

(12)(4)ヒシイグアス 57 日本

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×