ハマチ・メジロ青(物)天井…大阪・岸和田「遊漁船 MCL」

スポーツ報知
青物ジギングを楽しんだ(左から)タイチくんと大塚記者にタカヒロさん。そろって仕留めたメジロを手に笑顔の3人

 釣れた! たくさん釣れた! 大阪・岸和田の「遊漁船 MCL(マリンクラブロータス)」の乗合船で11月28日、船からのジギングを楽しんだ。この釣りは自身2度目。前回に、釣り方をレクチャーしてくれた師匠であり釣友でもあるタカヒロさん(大阪市)とタイチくん(同)と一緒にメインターゲットの青物とクログチやサバなど、とにかくいっぱい釣れた!

 午前7時、釣り客9人を乗せた船は「岸和田カンカンベイサイドモール」前の港を出発し、紀淡海峡へ船首を向けた。波が立ち、幾度となく体を洗うしぶきの攻撃に耐えること1時間半、ようやくポイントに到着。空を覆っていた雲は切れ、青空が広がっていた。

 潮が緩んでいた朝イチはクログチでスタート。この魚はまだなじみは薄いが、最近は大阪湾で人気上昇中のターゲットだ。刺し身でも、焼いても、あぶってもおいしいと評判。聞いたところによると、刺し身はポン酢で食べると特に絶品とか。知らんけど。

 水深は110~150メートル。船のオリジナル胴突き2本バリ仕掛けで、短冊状にしたサバ切り身を餌にした。80号のオモリで底を取り、向こう合わせなので、竿がググッとお辞儀したところを巻き上げる。この日のタナはほぼ底。50センチ級も交じりながら、35~40センチのクログチがよく釣れていた。記者は40センチ前後のサバを2尾。ま、こんなもんだ。

 潮が動きだした午前11時過ぎにポイントを移動し、いよいよ青物ジギングだ。着底させたメタルジグを巻き上げ、様々なアクションで魚を誘う。最近はシルバー系でよくヒットするとのことだった。

 まずはタイチくんにヒット。1投目からハマチをダブルでゲットした。それにタカヒロさんが続き、メジロをキャッチ。さすが師匠! 二人の「タン[おんぷ]タン[おんぷ]ターーン[おんぷ]」とワルツのリズムを奏でるようにスムーズなシャクリ方をまねようとするのだが、不慣れな記者はリールを巻くタイミングの調和が取れず、「タン、タン、ターーン」と八分休符ほどの間が入ってしまう。それでも、程なくして竿に重みが伝わり、50センチほどのハマチが釣れた。見渡すと、船内では続々と竿をしならせていた。

 その後も、ポイントを転々としながら順調に釣果は伸びた。加えて、二人が仕留める魚は良型が目立ち始め、「サイズアップを狙うには長いジグを使うと効果的」とタイチくん。

 そして激アツゾーンに突入! あちこちで竿が曲がり、時には6人が同時にヒットも。アシストするにも船のスタッフだけでは手が回らず、釣り客までもがタモを抱えて船内を右往左往していた。また、二人はここでもすごかった。「時合い到来!」とばかりにポンポン釣り上げ、魚は足元に放置。そして直ちに仕掛けを入れる。船の床にはピチピチと踊るハマチにメジロ。まるでカツオの一本釣りを見ているようだった。

 午後2時、船のクーラーとイケスが満タンになり、定時まで1時間を残して強制終了。船中や二人の釣果は、数が多く面倒なので数えてないが、記者は65センチを頭にメジロ~ハマチを8尾。この日の最長寸は85センチのブリだった。舵を握った本多船長は「これだけ釣ってくれたらうれしいですね」とにっこり。

 「遊漁船 MCL」は、今年3月に開業したジギング船で、今後しばらくは青物とクログチ、大アジ狙いで出船する。(大塚 真哉)

 ◇問い合わせ 「遊漁船 MCL」(携帯080・3596・9370)へ。ホームページあり。

 ◇料金 乗合船の料金は男性1万円、女性7000円(氷、菓子パン2個、飲み物付き)。

 ◇時間 現在は午前6時集合、6時半出船。時期、潮や天候によって変更があるので要確認。

 ◇その他 レンタルロッドセット2000円、ジグや仕掛けなどの販売。スタンプカードあり。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請