【阪神】ソフトバンク戦力外の渡辺雄大獲得へ 左の救援強化で白羽の矢

渡辺雄大
渡辺雄大

 阪神がソフトバンクを戦力外となった渡辺雄大投手(30)を獲得することが8日、分かった。育成契約を結ぶ見込みで近日中にも発表される。

 渡辺は中越高、青学大からBC新潟を経て、2017年の育成ドラフト6位でソフトバンクに入団。20年8月に支配下登録され、通算9試合で0勝0敗1ホールド、防御率3・18ながら、左のサイドハンドから繰り出す直球とスライダーには定評がある。セットアッパーには岩崎が君臨したが、岩貞が打ち込まれる場面も目立った今季。及川も先発転向の可能性があり、手薄な左の中継ぎ強化として白羽の矢を立てた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請