【阪神】現役引退の岩田稔氏「一型糖尿病に携われる活動を」 母校・関大でトークライブ

スポーツ報知

笑顔でトークショーを行う岩田稔氏 

 

 今季限りで現役を引退した元阪神投手の岩田稔氏(38)が8日、母校・関大でトークライブに出演した。

 16年間過ごした阪神での日々を振り返り「ひと言で言うと、熱い、特殊な球団。(ファンは)野球を見る目がこえている。ピッチャーは抑えて当たり前、バッターは打って当たり前っていうのが根底にある。フォアボールだして崩れそうになると野次られる。でも、ピッチャーが勝って抑えた時はすごい称賛の嵐。それはめちゃくちゃ気持ち良いです」と振り返った。

 トークテーマは「逆境を乗り越える」。自身がプロ2年目の時にイップスになり、そこからはい上がった経緯なども打ち明けた。

 学生からの質問コーナーでは、今後の目標、展望を問われ「僕が1型糖尿病なので、1型糖尿病に携われるようなことを積極的に活動としてやっていきたい。現役中はオフシーズンの12月1月ぐらいしか活動ができなかったけど、引退してからフリーになって動ける時間が増えるので、一型糖尿患者の親御さんたちに自分の経験とかを伝えていけたらなと思います」と熱い思いを明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請