【阪神】秋山拓巳が球団生え抜き最遅の13年目で1億円の大台到達「だいぶくすぶっていた」

スポーツ報知
契約更改を終え、1億円の大台に乗りポーズをとる阪神・秋山拓巳(代表撮影)

 阪神・秋山拓巳投手が西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5900万円増の1億1000万円でサインした。「うれしい気持ちもあったんですけど、頑張ればもっともらえる世界なんで。もう次のことを考えているというか、浸ることとかはないです」と冷静に振り返った。

 秋山は今季24試合に登板し、10勝7敗、防御率2・71でセ・リーグ投手では唯一の2年連続2ケタ勝利をマーク。「(入団当初は)だいぶくすぶっていたんで。1回目に2ケタ勝った(17年)後も続かなかったですし、今回やっと続けることができたんですけど、またこれで成績が落ちるようじゃ駄目だと思う」と慢心はない。

 2009年のドラフト4位で愛媛・西条高から入団。高卒1年目にいきなり4勝を挙げたが、その後は思うように結果を残せないシーズンも続いた。来季13年目での大台到達は、阪神の生え抜き選手では04年の桧山に並び球団最遅となった。「2年連続で2ケタと言っても、10勝で止まってしまった。自分の記録の12勝を超えられるように、13勝以上できるように。規定投球回数を超えることを目指して取り組んでいきたい」と意気込んだ。

 ◆阪神・秋山の年俸推移

10年 600万円

11年 1200万円

12年 1200万円

13年 1000万円

14年 1200万円

15年 1000万円

16年 1000万円

17年 1000万円

18年 4100万円

19年 4000万円

20年 3200万円

21年 5100万円

22年 1億1000万円

(金額は推定)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請