【阪神】鈴木翔太がインスタで現役引退を発表「現役を引退する事を決断しました」13年中日ドラフト1位

スポーツ報知
鈴木翔太のインスタグラム@shota_tigersより

 阪神・鈴木翔太投手が8日、自身のインスタグラムを更新し、今季限りで現役を引退することを表明した。今後は未定だが「今年で現役引退する事を決断しました。少し前から決めていたんですが、正直野球をやめる事に対して寂しい気持ちもあり報告が少し遅くなりました」とつづった。

 鈴木は13年のドラフト1位で中日に入団。17年には先発ローテに入り、5勝5敗、防御率4・17の成績を残した。だが、その後は右手の血行障害に苦しむなど、成績が残せず20年限りで戦力外に。昨オフに育成選手として阪神に加入したが、支配下登録にはたどりつかなかった。

 「プロに入ってからたくさんの壁にぶつかり、心が折れる時が沢山ありました。けど、地元浜松で勝つことができたり、一軍で少しだけ勝つことの喜びを味わえたのは一生の思い出です」と振り返った。

 ◇鈴木 翔太(すずき・しょうた)1995年6月16日、静岡県生まれ。26歳。聖隷クリストファー高から2013年にドラフト1位で中日に入団。14年6月17日の西武戦(浜松)で1軍デビュー。17年5月9日のDeNA戦(岐阜)でプロ初勝利。20年限りで中日を退団し、育成選手として阪神入りも1軍登板はなし。プロ通算24試合に登板し、5勝5敗、防御率4・41。183センチ、75キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請