【阪神】梅野隆太郎 5000万円増の1億6000万円 来季から3年契約も

スポーツ報知
契約更改し、ポーズを決める梅野隆太郎(カメラ・岩崎 龍一)

 国内FA権を行使せず残留した阪神・梅野隆太郎捕手(30)が7日、兵庫・西宮市の球団事務所で、5000万円増の年俸1億6000万円で契約更改した。来季から3年契約とみられる。「(球団から)『梅野なくして優勝はない』と本当にうれしいお言葉を頂き、そういう思いで来季もプレーしていきたいと思います」と決意表明した。

 今季は130試合に出場し、打率2割2分5厘、3本塁打、33打点。リーグ2位の得点圏打率3割2分1厘と勝負強さが光った。東京五輪では侍ジャパンの金メダルに貢献。終盤は坂本に先発を譲る機会も増えたが「優勝捕手になることが目標」と正捕手死守に自信をのぞかせた。(中村 晃大)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請