【日本ハム】伊藤大海が2600万円増の4100万円で契約更改も今季の自己評価は「75点です」

スポーツ報知
契約更改を行った日本ハム・伊藤(代表撮影)

 日本ハムの伊藤大海投手が7日、札幌市内の球団事務所で契約更改を行い、今季年俸1500万円から2600万円増の4100万円でサインした。

 1年目の今季は開幕からローテーションで起用され、10勝9敗、防御率2・90と好成績を残してエース・上沢と2枚看板で先発陣を引っ張った。また東京五輪にも侍ジャパンの一員に追加招集され、中継ぎで役割を果たして金メダル獲得に貢献。飛躍の一年の採点を求められ「75点です。しっかり数字を見たときに課題が多いなとすごく感じる。まずはイニング数をもう少し来季は多くするためにはと考えたときに、フォアボールの数が多かったりだとか、10勝していて9敗ついていることは、9敗分、自分が決定的な何かを与えてしまっている部分だと思う。そういうところを少しずつ、いい方向に持って行けるようにしたいなと思います」と厳しめの自己評価。

 それでも一方では「本当に最後、苦し紛れの10勝ではありましたけど、規定投球もぎりぎりではありましたけどなんとかクリアできたというのは、自信にもなりました」と振り返った。

 ビッグボス・新庄監督のもとで迎える来季に向けて「新庄監督も言うように、野球をまずなんでやっているのかっていうのは楽しいから。試合に向かうまでの地道な練習であったり、トレーニング、監督がいつも言うつまらない練習というのは野球を楽しむためにあると思う。逆に僕はその練習であったり、そのつまらない時間が好きだったりするので、そこをうまくシーズンにつなげていけるようにやりたいと思います」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請