INI、デビューイベントに感慨無量「一生の思い出に残る時間です」

スポーツ報知
イベントを開催したINI(C)LAPONE ENTERTAINMENT

 日本最大規模のオーディション番組の第2弾「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」で誕生した11人グループ「INI(アイエヌアイ)」が6日、都内でデビューシングル「A」のデビューショーイベント「INI DEBUT SHOW」を開催した。

 会場に集まった100人の観客を前に、この日、初パフォーマンス披露となった「KILLING PART」など4曲を熱唱した。今年最後の有観客イベントということもあり、リーダーの木村柾哉は「お客さんが近い! 100人の空間を楽しみつつ、オンライン配信の皆さんも巻き込んで、一生の思い出に残る時間です」と感慨深く話した。

 「KILLING PART」は木村と西洸人が振り付けを初めて共同制作。木村は「スタジオではなくて、家で2人で考えた。オルゴールをイメージしてやりました」と秘話を明かした。西は「最初に考えた振り付けが、せっかく思いついたと思ったら、すでに似たような振り付けをしていた人がいてビックリ。だから1回全部作り直した」と話した。

 デビュー後初のファンミーティングを11月に開催するなど、怒とうの1年となった。西は「またパフォーマンスできることが幸せ。パフォーマンスするために生まれてきたとファンミーティングで感じた。皆さんの前でパフォーマンス出来る機会をもっと増やしたい」と意気込んだ。木村も「1年が一瞬だった。2021年は終わるけど、まだまだ控えてることはたくさんある。ついてきてください」と感謝し呼び掛けた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請