【ソフトバンク】尾形崇斗が40ホールドを目標に掲げる 40発目指すリチャードに負けない

スポーツ報知
150万円アップの750万円でサインしたソフトバンクの尾形崇斗

 ソフトバンクの尾形崇斗投手が6日、福岡ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉を行い、150万円アップの750万円でサイン。同期入団で40本塁打を来季の目標に掲げたリチャードに負けじと7回の男に名乗りを挙げ「40ホールド」へ意気込んだ。

 今季は8試合に登板し、防御率0・87。150キロ超の直球と、投げっぷりの良さが魅力な4年目右腕だ。「1年間、1軍にいて7回を投げられるピッチャーになること」。順当にいけば9回は森、8回モイネロと確定している勝ちパターン。「7回の男」を岩崎や甲斐野ら先輩と争い勝ち取るつもりだ。

 来年1月は、東京五輪男子マラソンで6位入賞した大迫傑氏も師事した五味宏生トレーナーのもとで体を鍛える。17年育成ドラフト1位で入団した右腕は、同3位で同期入団したリチャードと、20年3月16日に一緒に支配下登録された。「僕は40ホールド。強い気持ちを持っていかないと」。将来の守護神を目指し、来季を飛躍の1年にする。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請