【ソフトバンク】椎野新が20%超の大幅ダウン 500万円減の年俸1900万円でサイン「結果が出なければラストシーズン」

スポーツ報知
500万円ダウンの1900万円でサインしたソフトバンクの椎野新投手

 ソフトバンクの椎野新投手が、来季に向け背水の覚悟をにじませた。6日、福岡ペイペイドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。今季、1軍未登板に終わった4年目右腕は、今季年俸2400万円から約21%減となる1900万円でサイン。「1軍に上がることがなかった。しっかりと話をして納得した形でサインした」と唇をかんだ。

 今季、ウエスタンではリーグ2位、チームトップの45試合に登板しリーグトップの9セーブをマークしたが、1軍登板はなかった。「今年は豪快に投げたいというか、常に全力で腕を振り続けたが、逆に丁寧さを失った」と安定感を欠いたことを反省。「来年5年目で、自分のなかでは結果が出なければ、ラストシーズンだと思っている。開幕1軍のブルペンに入ることしか考えていない」と決意表明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請