松坂大輔氏と東尾修氏がラジオ共演…文化放送「東尾修&松坂大輔対談~ボールに託す想い」18日放送

スポーツ報知
18日放送の「東尾修&松坂大輔対談~ボールに託す想い」で“共演”を果たした松坂大輔氏(右)と東尾修(C)文化放送

 文化放送が今季限りで引退した松坂大輔氏と入団当時の西武ライオンズ監督だった東尾修氏が“共演”を果たす特別番組「東尾修&松坂大輔対談~ボールに託す想い」を18日午後6時から放送することが6日、分かった。

 今回の番組は、松坂氏と東尾氏の2人とともに松坂氏のプロ野球人生を振り返る引退記念特番。聞き手、松坂氏のデビュー戦と引退登板をともに実況した同局・斉藤一美アナウンサーが担当する。

 このたび行われた収録では、引退試合で松坂氏が抱いた思い、また現役時代の思い出などを東尾氏と思う存分語り合った。

 収録中盤、ドラフト会議後の入団交渉の場で当時、監督として交渉に臨んだ東尾氏が自身の200勝記念球を松坂氏に手渡した一幕について、東尾氏は「(事前に渡そうとは)考えてなかった。家を出る時に『そうだ、娘の部屋にボールを置いてあるから持って行こう』と。このボールを大輔がどう感じるか。(横浜)ベイスターズがいいと言っていたから、突き返されたら、ちょっとまずいなと。でも、受け取ってくれたので、二、三歩は前進したかなと感じた」と発言。

 200勝記念球について松坂氏が「ボールに何にも書いてなかったので『本物かな?』と(笑)。東尾さんがボールを託す思いを肌で感じました」と話す場面も。

 また西武での全登板の中からピックアップした印象深い松坂氏の登板、引退後のセカンドキャリアについても後日、特別番組として放送されるという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請