【オリックス】196センチ左腕助っ人獲りで救援陣強化!リーグ連覇へ補強着々

スポーツ報知
オリックス・中嶋聡監督

 オリックスが救援陣強化へジェシー・ビドル投手(30)=ブレーブス3A=の獲得に動いていることが5日、分かった。近日中の合意を目指すとみられる。

 196センチ左腕のビドルは鋭いカーブをウィニングショットに三振を量産するタイプ。メジャーデビューした18年はブレーブスで60試合に登板し、63回2/3で67三振を奪った。直球は常時150キロ前後を計時し、スライダーも持ち球にする。今季は3Aで33回2/3を投げ、55奪三振。マイナーで先発の経験もあるが、メジャーではすべてリリーフで99試合に登板している。

 25年ぶりの優勝を飾った今季は、救援防御率がリーグ5位の3・33。チーム最多の28ホールドを挙げたヒギンスが退団し、勝ちパターンの再構築も不可欠だった。ビドルは10年のドラフト1巡目でフィリーズから指名された逸材。獲得に成功すればブルペンの厚みが増し、セットアッパーとしても期待ができそうだ。

 外国人はジョーンズ、モヤ、スパークマンがチームを去り、ラベロとバルガスが残留。198センチの先発右腕、ジェイコブ・ワゲスパック投手(28)=ブルージェイズ3A=と内外野を守る両打ちのブレイビック・バレーラ内野手(29)=前ブルージェイズ=に続き、リーグ連覇へ向けた新戦力補強は順調だ。

 ◆ジェシー・ビドル(Jesse Biddle)1991年10月22日、米国生まれ。30歳。ジャーマンタウンフレンズ高から10年ドラフト1巡目(全体27番目)でフィリーズ入団。18年にブレーブスでメジャーデビュー。同年は60試合で6勝1敗1セーブ、防御率3.11。今季は8試合に登板。メジャー通算は99試合で6勝2敗13ホールド1セーブ、防御率5.07。196センチ、99キロ。左投左打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請