【都市対抗野球】NTT東日本が2年連続8強進出 19歳ルーキー・片山が6回途中を2安打1失点

都市対抗が行われている東京ドーム
都市対抗が行われている東京ドーム

◆第92回都市対抗野球大会▽2回戦 NTT東日本3―1TDK(5日・東京ドーム)

 NTT東日本(東京都)は、先発のルーキー・片山楽生投手(らいく、19)が6回途中までを2安打1失点と好投。「初めての東京ドームで、粘りながら投げることができてよかった」と笑顔がこぼれた。チームはTDK(にかほ市)を下し、2年連続となる8強入りを決めた。

 初めての大舞台でも堂々と腕を振った。初回にいきなり2四球。初めてのマウンドで感覚をつかめずにいたが、ピッチングコーチから球離れが早いとの指摘をもらい修正。「3回ぐらいからキレとコントロールを意識して、力を抜くように投げました。下半身で押し込んでいくようにした」。1―0で迎えた6回には、1番に同点ソロを浴びたが、力強い直球を軸に、72球を投げきった。

 指揮官もルーキーの活躍に目を細めた。飯塚智広監督(46)は「いいゲームを作ってくれた。100点満点です。うちのチームにとっても初めての10代の先発なので、いい意味でも、歴史に名を刻んでくれました」とたたえた。

 次戦は7日にJFE東日本(千葉市)と戦う。「チーム一丸となって、準決勝、決勝、そして優勝と頑張っていきたいと思います」と片山。新たな戦力がチームを頂点へと導いてみせる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請