【ボートレース】女子でただ一人準決勝戦に進出の遠藤エミ「伸びは節イチです」~鳴門BBCトーナメント

スポーツ報知
遠藤エミ(カメラ・谷口 健二)

 遠藤エミが女子NO1の実力を示した。鳴門ボートのプレミアムG1「第3回ボートレースバトルチャンピオントーナメント」2日目の5日、準々決勝戦11Rで遠藤エミ(33)=滋賀支部=は、3コースからコンマ06の2番手スタート。全速戦でまくりに行ってインの浜野谷憲吾に襲いかかったが、1Mは2号艇の山口剛に引っかかり、まくり切るまでは至らず。それでも価値ある2着で大会初の準決勝戦進出を決めた。

 「2日目は伸びに少し偏っている感じがしたけど、その伸びは節イチだと思います。その分、回り足タイムは出ていなかったし、出足は少し甘いのかな。でも出足を付けようとすると伸びが落ちてしまうので、この伸びを生かす調整で行きたいと思います。スタートを全速で行ければ勝負になる足」と充実した表情を浮かべた。

 6日の準決勝戦11Rは4号艇。大外に西山貴浩がいてコースは流動的も、しぶとく3着に入って昨年の守屋美穂に続き、女子が2年連続で決勝戦に進出するか、注目だ。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請