【チャンピオンズC】ソダシ12着で芝&砂の二刀流制覇ならず 吉田隼人騎手「男馬との差」

スポーツ報知
初ダート挑戦で12着に終わったソダシ

◆第22回チャンピオンズC・G1(12月5日、中京・ダート1800メートル=良)

 秋のダート王者決定戦は、1番人気に推されたテーオーケインズ(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎、父シニスターミニスター)が松山弘平騎手の手綱で6馬身差の完勝を収め、6月の帝王賞・交流G1に続いてJRA・G1初制覇を成し遂げた。勝ち時計は1分49秒7。牝馬初、史上6頭目の芝&ダート両G1の「二刀流」を狙ったソダシ(吉田隼人騎手)は2番人気を集めてハナを奪ったが、4コーナー過ぎから次々とかわされて自己ワースト12着に敗れた。

 吉田隼人騎手(ソダシ=12着)「初ダートなので、スピードに乗せた方がいいと思っていました。力のいる馬場で(返し馬の)キャンターの一歩目が思ったより良くなかったですが、ゲートを出てからのスピードの乗りは大したものでした。リズムよく運べて、1頭で息を入れて、速いラップでもなかったんですが、力のいるダートと男馬相手で差が出ました。またこれからですね」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×