【ヤクルト】中村悠平がFA権行使せずに残留を表明「常に優勝争いできるチームに」一問一答

スポーツ報知
午前の部終了であいさつする中村悠平選手会長   (カメラ・佐々木 清勝)報知写真部 2021年12月5日撮影=東京・神宮球場

 ヤクルトの中村悠平捕手が5日、神宮球場で行われたファン感謝デーに参加。今季で3年契約が終了したが、保有する海外フリーエージェント権を行使せずに残留することを表明した。中村の一問一答は以下の通り。

 ―ファンの前で残留を宣言した。

 「自分の気持ちとしてはヤクルトで今年日本一になりましたけど、毎年みんなで優勝して、日本一目指してというところで頑張りたいなと思いました。やはりこのチームをなんとか常に優勝争いできるチームとして、その輪の中に自分が中心としていたいな、いなきゃいけないなと。ずっとそこで一線級でプレーしていたいなというのはすごく、特にこのチームでというのは思った。自分の気持ちを先に球団に伝えさせてもらったというところです」

 ―ヤクルトでと決めた要因は。

 「いろんな人に支えられた。それが一番大きい。日本シリーズのMVPを取った時も、こんなに応援してくれているんだと、ファンの皆さんが最後まで残ってくれたりとかして、ああいう舞台でああいった賞をいただくことができて、そこから見る景色というのが本当にすごく気持ち良かった。本当に幸せだなと自分自身感じたので。そういったところが、『このチームいいな』ってすごく思ったところだったので、そこで決意は固まったかなと」

 ―ファンに直接気持ちを伝えた。

 「本当にファンあっての僕らですし、僕もそういう風にヤクルトに育ててもらった。(残留は)ファン感の前に決めたことだったので、ちょうどいいタイミングで話せる機会があったので自分の口から伝えさせてもらいました」

 ―高津監督に報告は。

 「監督にはさっきお会いしたので、グータッチしてもらった。『ナイス』みたいな感じで。3日に監督とゴルフを回ったんですけど、監督に伝えるのを忘れちゃってて。ゴルフに没頭しちゃってて伝えられなかった。さっきグータッチしたので、分かってくれたと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請