【DeNA】森敬斗が盗塁王宣言「狙いたい」「30盗塁」…チーム31盗塁は12球団ワースト

スポーツ報知
野球教室に参加した小学生と写真を撮るDeNA・森

 DeNAの森敬斗内野手(19)が5日、来季の盗塁王奪取を目標に掲げた。今季は阪神・中野が30盗塁で12球団最多。森は「30盗塁は目指したい部分ではありますね。そこは目指してそれよりももっと多く走りたい。今年(最多)の30は目指してやらなければ上は見えてこない」と宣言。盗塁王も「狙いたい」と力強く誓った。

 チームの救世主となる。DeNAは今季、リーグ2位のチーム打率2割5分8厘を誇りながら、6年ぶりに最下位。勝負どころでの得点力を欠き、チーム31盗塁は中野をたった1つ上回るだけで、12球団ワーストの数字だった。プロ3年目で遊撃の定位置奪取を狙う、来季の森。今季は44試合の出場ながら、チーム2位の4盗塁をマークした。50メートル5秒8の俊足とあって期待は大きい。

 今季も代走などで何度も好走塁を披露。それでも来季へ向けては各投手の分析などを進めていくことが必要だと感じたようで「データとか動画を見ることがまだまだ足りなかった。自信を持ってスタート切るために、ちゃんとデータを見て根拠を持ってスタートできる準備をしたい」。オフにも相手投手の癖や配球などを分析する考えを示した。

 この日は、日本プロ野球選手会 野球振興事業「マクドナルド 野球・ソフトボール体験会サポートプロジェクト」の一環で川崎市麻生区内の小学校を訪れ、約60人の小学生を指導。キャッチボール、打撃練習などで小学生たちとふれあい「子供たちに与える影響は大きいものなんだなと改めて感じた。こうやって足を運んで一緒にやれてすごいよかったと思った。僕らが活躍して優勝すれば子供たちにも勇気を与えられると思うので、今日来てくれた子供たちだけではなく、神奈川、ベイスターズファンのこどもたち全員に勇気を与えられるように頑張りたい」と振り返っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請