馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

【中京5R・2歳新馬】シェルビーズアイが差し切る 武豊騎手「まだまだ良くなりそう」

シェルビーズアイがレッドモンレーヴ(右)との叩き合いを制する
シェルビーズアイがレッドモンレーヴ(右)との叩き合いを制する

 12月5日の中京5R・2歳新馬(芝2000メートル=6頭立て)は、4番人気のシェルビーズアイ(牡、栗東・武英智厩舎、父ハービンジャー)がデビュー勝ちを決めた。勝ち時計は2分3秒4(良)。

 出遅れて、隣の馬と接触しダッシュがつかなかった。1000メートル63秒8のスローでも、中団の外で折り合う。勝負どころで断然人気のダノンマイソウルを内に閉じ込め、直線に向いてから外に出す余裕があった。フラフラしながらエンジンのかかりは遅かったが、ゴール寸前でレッドモンレーヴ(2着、ルメール騎手)を首差とらえた。

 武豊騎手は「気性はまだまだ幼いけど、そういう意味でも少頭数は良かったね。まだまだ良くなりそう」と笑顔。

 管理する武英智調教師は「ゲートは出なかったですね。調教の動きも良く、厩舎の期待馬でした。道中は勝つかなと思って見ていました。まだビシビシ仕上げてなかったので、伸びしろはありますよ。重いハービンジャーという感じではなく、反応も体もいい。操縦性もいいので、距離ももちそうですね」と今後に期待を寄せる。様子を見て、年明けに一戦する予定だ。

レース結果

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請