J1残留の清水・平岡監督続投へ

スポーツ報知
清水・平岡宏章監督

 清水エスパルスの来季監督に、今季残り4試合の指揮を執りJ1残留へと導いた平岡監督をリストアップしていることが4日、分かった。他にも複数人が候補に挙がり、今後人選作業に入る。

 来シーズンは平岡監督が“先発”を任される可能性も浮上した。11月3日のFC東京戦(0●4)の大敗後、ロティーナ監督(64)を電撃解任。2年連続でコーチからの昇格で就任。監督交代後は4試合で3勝1分け。短期間でチームを残留圏内の14位へと押し上げた。

 昨季は、残り9試合を任され4勝2分け3敗で勝ち越しに成功。今季は、下位4チームが降格する「サバイバルシーズン」での2度目の“途中登板”。監督を引き受けた残り4試合の時点では、17位以下の降格圏内との差は勝ち点2とまさに崖っぷち。厳しい状況でも「犠牲心と一体感」で見事にチームを立て直した。

 清水は3シーズン連続で監督を途中で交代。順位も3年連続で2ケタに沈んでいる。来年のクラブ創立30周年に向け、苦境を乗り越えられる手腕を持った新監督を探していく。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×