巨人・原辰徳監督「もう今後、近未来、松坂大輔という投手は出てこない」…09年WBCでともに世界一

スポーツ報知
原辰徳監督

 今季限りで現役を引退した西武の松坂大輔投手(41)が4日、本拠メットライフで行われた「LIONS THANKS FESTA」で引退セレモニーを行い、WBCでチームメートだった憧れの先輩にして盟友のイチロー氏が花束贈呈でサプライズ登場。笑顔と感激の涙を浮かべ23年間、日米通算170勝108敗の現役生活を締めくくった。セレモニーでは恩師の横浜高・渡辺元監督や巨人・原監督ら著名人から、ねぎらいのビデオメッセージが寄せられた。

 巨人・原監督は以下のようなコメントで、その功績をたたえた。

 「私は同じチームにいたことが1回だけあって、2009年のWBCにおいて、エースピッチャーとしてぜひチームに参加してくれ、と言葉をかけました。その大会でも(06年大会に続き)MVPをとりましたが、大輔あっての世界一だったなと思っております。もう今後、近未来、松坂大輔という投手は出てこないな、と思っております。本当にご苦労さまでした」

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請