現役引退のC大阪・大久保嘉人、きょうラストマッチ清水戦で鬼門破る

スポーツ報知
C大阪・大久保嘉人

 今季限りでの現役引退を表明しているC大阪の元日本代表FW大久保嘉人(39)が、J1ラストマッチとなる4日の清水戦(アイスタ)で鬼門撃破を狙う。

 アウェーの同戦は2005年から11試合連続未勝利だが、大久保にとって清水は“お得意様”。J1歴代最多191ゴール中、クラブ別ではG大阪の14得点に次ぐ13得点を挙げている。さらにC大阪が敵地で最後に清水に勝利した04年5月9日では、後半27分に決勝点。同39分に2枚目の警告を受け退場しているが、2―1で勝利に貢献したデータも活躍を予感させる。

 試合前日の3日、オンライン取材に応じた小菊昭雄監督(46)は「データを覆せるように流れを変えていきたい」と気合。大久保に関しては「彼もいろいろな思いを持って試合に挑むと思う。勝利に導くゴールを期待したい」と12日の天皇杯準決勝・浦和戦に弾みをつける通算192ゴール目を願った。(種村 亮)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請