【阪神】江越大賀が200万円減の1100万円でサイン「駄目だったら最後…覚悟を持って」まずは3年ぶり安打

スポーツ報知
契約更改を終えて会見に臨む阪神・江越大賀(代表撮影)

 阪神・江越大賀外野手が3日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、200万円ダウンの1100万円でサインした。「しっかりダウンって感じです。力になれなかったというか、本当に悔しいシーズンだったと思います」と振り返った。

 1軍では守備、代走を中心に31試合に出場したものの、後半戦はファーム暮らしが続いた。打撃成績は3打数ノーヒットで、昨年に続き無安打。だが、2軍では47試合の出場で打率2割5分1厘、井上に次ぐチーム2位の7本塁打、19打点と潜在能力は秘めている。

 「今年もそうですけど、去年から1軍でヒットを打ってないんで…。何かを変えないといけないという思いはあったんで、もう一回、イチから変えるという感じです。本当に駄目だったら最後だと思うので、それぐらいの覚悟を持ってやりたいなと思っています」と悲壮感を漂わせていた。

    (金額は推定)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×