【動画】中学で全国制覇→横浜高エースだった木下幹也よ、育成4位から背番18へ這い上がれ!【短め報知】

スポーツ報知

 巨人の木下幹也投手が、いよいよブレークの気配です。11月23日、チームの今年のラスト実戦となった紅白戦で、1イニングを3人斬り。見守った原辰徳監督から「非常に投手らしい投手」と絶賛されました。

 シニアで全国制覇、横浜高でエースとエリート街道をひた走ってきた右腕ですが、コロナ禍もあり高校3年でスカウト陣の評価を上げることができず、20年の育成ドラフト4位でジャイアンツ入り。それでも、球団からは将来のエース候補の期待を込め背番号「018」を贈られました。今季は3軍で7勝1敗1セーブ、防御率1.70と無双し、飛躍のチャンスをうかがっていました。

 まずは来季の支配下登録を目指す19歳の進化に、番組MCの加藤&水井デスクも注目。本格派右腕の負けん気と素質に惚れ込みました。今の背番号からゼロが取れるのはいつになるのか? 成長を続ける有望株の現在地を、動画でぜひご確認ください。チャンネル登録もよろしくお願いします。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請