【西武】メットライフ生命9月後半~10月のベストプレー賞が決定 バスター成功の山田「投票結果、気になってました」

スポーツ報知
山田遥楓

 西武は2日、松本航投手と山田遥楓内野手が、9月後半~10月の「メットライフ生命月間ベストプレー賞」を受賞したと発表した。同賞はファンから、その月で“最も輝いたプレー”に選ばれた選手に贈られる。

 松本は10月7日のソフトバンク戦で達成した自身初の完封勝利が同賞を受賞。5月以来となる2度目の受賞に「とてもうれしいです。あの試合は自分としても非常にいい投球ができたと思います。来季以降、あのような投球をもっと多くできるように一生懸命頑張っていきたいです」とさらなる飛躍を誓った。

 また、山田は10月8日のソフトバンク戦で放った“バスター”の勝ち越し適時打がベストプレー賞を受賞した。同点に追いつかれた直後の8回無死、一、二塁。初球にバントを試みるもファウル。続く2球目もバントの構えをするが、すかさずバットを引いて、144キロ直球をはじき返した。打球は左中間をやぶり、値千金の勝ち越し2点二塁打。チームに勝利を導く一打がベストプレーに輝き、「投票結果、気になっていました。めっちゃうれしいです。正直びっくりですね。選んでいただいたファンの皆さま、凄いプレーがある中で、本当にありがとうございました!」と喜びをかみしめた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請