【オリックス】昨年のドラ1・山下舜平大が契約更改「本当に通用しないことが分かった」

スポーツ報知
契約更改を終えて、会見を行う山下舜平大

 オリックス・山下舜平大投手(19)が2日、大阪・舞洲の球団施設で契約交渉に臨み、現状維持の年俸700万円でサインした。福岡大大濠高から昨年のドラフト1位で入団。今季の1軍デビューはなく、ウエスタン・リーグでは18試合で2勝9敗、防御率5・48だった。「あっという間でした」と、1年目のシーズンを振り返ったエース候補。「自分が本当に通用しないということが分かった。投手としての考え方、という意味では成長できたと思う」と2年目の飛躍を誓った。

 この日は山下の他に6選手が契約を更改。新人のアンダースローとして1試合の登板にとどまった中川颯は50万円減の850万円、2年目右腕の前は現状維持の550万円、育成選手の宇田川、鶴見、釣、平野大は現状維持の240万円でサインした。(金額は推定)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請