【阪神】小幡竜平、現状維持の1100万円 広島・小園ら同世代にライバル心「レギュラーを狙っていけるように」

スポーツ報知
契約を更改し会見する小幡竜平

 阪神・小幡竜平内野手が2日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸1100万円でサインした(金額は推定)。

 「去年より試合数は少ないですけど、勝ちゲームでの守備固めが多くなって、そこではしっかり評価をしていただきました。(初の春季キャンプ1軍で)すごい新鮮な感じで始まりはしましたけど、すぐファームに落ちて。結果を出していませんし、悔しかったです」

 3年目の今季は43試合に出場し、打率2割6分1厘、3盗塁。2軍では65試合で2割8分7厘、18打点、14盗塁だった。他球団の“ミレニアム世代”は広島・小園、林らが活躍。来季は小幡も1軍定着を図る。

 「同世代の選手が(試合に)出ていたのでシーズン中はけっこう意識して見ていましたね。来年はもう4年目ですし、レギュラーを狙っていけるように。そこだけを意識して臨みたいと思います」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請