【巨人】元スカウト・加藤克巳さんが死去…原辰徳監督の恩人、山倉和博や槙原寛己ら名選手を発掘、獲得

スポーツ報知
加藤克巳さん

 巨人は1日、球団OBで元スカウトの加藤克巳(かとう・かつみ)さんが11月30日午後2時52分、慢性心不全急性増悪のために死去したと発表。86歳だった。

 加藤さんは愛知・中京商高(現中京大中京高)時に4度、甲子園に出場し、1954年の3年夏に優勝。55年に巨人入団した。通算41試合に出場し、打率2割4分2厘、0本塁打、4打点の成績を残して63年に現役を引退。その後は巨人軍のスカウトとして99年まで在籍し、山倉和博、原辰徳、槙原寛己、後藤孝志ら数々の名選手の発掘、獲得に尽力した。

 原監督もプロ野球へ導いてくれた恩人の訃報(ふほう)に接し、思い出を明かした。自身が東海大相模高、東海大時代にはよくグラウンドに足を運んでくれたといい「当時、私は話などをできなかったので、ジッと練習を見つめる姿はどこか物静かな人物像を思わせ、やはり巨人は厳しい人が多いのかな、と思っていました」と振り返った。

 80年にドラフト1位指名を受けた際には、直後に指名あいさつにも訪れてくれた。「巨人入団が決まった後、家にも来ていただき、おやじ(貢氏=享年79)と大好きなお酒を飲みながら話に花を咲かせていた時、初めて陽気な素顔に触れた気がしました。入団後もたびたび、声をかけていただきました。多くの方が私のプロ野球への入り口をつくってくれましたが、その一人です。あらためて感謝するとともに、謹んでご冥福(めいふく)をお祈りします」と故人を悼んだ。

 葬儀は近親者のみで執り行われる予定。喪主は長女・西谷麻子(にしや・あさこ)さん。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請