南こうせつ「また一人、大事な戦友を失い、寂しい気持ち」、作詞家・喜多條忠さん追悼

スポーツ報知
喜多條忠さんを追悼した南こうせつ

 かぐや姫の「神田川」、梓みちよの「メランコリー」などで知られる作詞家の喜多條忠(きたじょう・まこと、本名同じ)さんが22日午前6時、肺がんのため死去した。74歳だった。

 喜多條さんの訃報に接し、歌手の南こうせつが1日、「また一人、大事な戦友を失い、寂しい気持ちでいっぱいです」と追悼コメントを発表した。

 かぐや姫時代、喜多條さんの作詞で「神田川」や「赤ちょうちん」「妹」を世の中に送り出した。突然の悲報に「体調不良は知っていましたが、こんなに早く亡くなるとは思っていませんでした。奥様からの留守電で訃報を知って驚いています」と惜しんだ。

 最後に会ったのは11月5日、喜多條さんの自宅だった。ベッドにあお向けになる盟友の手を握りながら、1時間くらい話をした。

 「二人でもう一度いい歌を作ろうよ、神田川の次は三途(さんず)の川じゃないからね」。南は「冗談を言ったり、昔話をしながら、喜多條さんは涙を浮かべてほほ笑んでいました」と明かした。

 「お互い学生だった頃、喜多條さんは文化放送の新人放送作家、僕はペーペーのミュージシャンでした。文化放送近くの喫茶店で意気投合し、『いつかきっと青山にでっかいビルを建てて、みんなで夢を語れる自由なお城を作ろうよ!』と語り合ったのがつい昨日のことのようです」と回想。「僕はこれからもギターを抱えて歌っていくから、ずっと空から見守っていてください。さようなら喜多條忠!」と別れを惜しんだ。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×