高梨沙羅、コロナ下で「試合をさせて頂けることが幸せ」 今週末はノルウェーでW杯2連戦

スポーツ報知
高梨沙羅

 W杯で欧州転戦中のスキージャンプ女子日本代表が30日、オンラインで取材に応じた。新型コロナの新たな変異株「オミクロン株」が世界各地で確認され、感染再拡大が懸念材料となっている。エースの高梨沙羅(クラレ)は「まだまだ大変な中なので、無理に試合をして欲しいとは言えない。選手としては準備してきたものをしっかり発揮するのが一番だし、自信にもつながるので、こうして試合をさせて頂けることが幸せに感じる」と心境を明かした。

 ロシア・ニジニタギルで行われたW杯開幕戦では、2戦ともに表彰台に上がれなかった。12月4~5日には、ノルウェー・リレハンメルで2連戦。ゲートからのスタートの部分に課題を持って修正に取り組んでおり「問題点が明確な分、直しやすいと思う。しっかり自分の自信につながる練習をして、試合に臨むことはできる」と巻き返しを期していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請