【DeNA】デジタルムービーコレクションサービス「PLAYBACK9」提供開始…名シーンコレクション可能に

スポーツ報知
30日に提供が始まったデジタルムービーコレクションサービス「PLAYBACK9(プレイバックナイン)」(球団提供)

 株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)と、株式会社横浜DeNAベイスターズは、ブロックチェーン技術によるNFT(Non―fungible token、非代替性トークン=偽造不可な鑑定書・保有証明書付きのデジタルデータ)を活用して開発したデジタルムービーコレクションサービス「PLAYBACK9(プレイバックナイン)」の提供を30日から開始したことを発表した。

 「PLAYBACK9」は、NFTにより保有証明がなされたデジタルアイテムを購入し、閲覧できるサービス。試合の名シーンを球団公式のデジタルアイテムとして販売しており、従来のトレーディングカードの世界をデジタル上で体験することができる。アルバムから獲得したシーンの閲覧や、集めたシーンを友達に共有することもでき、名シーンを見たときの熱い気持ちを思い出したり、語ることができる。

 デジタルアイテムは特設サイト上で個別に期間限定販売をおこなう。シーン毎に発行上限枚数の制限を設けており、発行上限枚数を超過した購入申込みがあった場合は抽選により購入者を決定する。

 本サービスで販売されるデジタルアイテムは、1枚1枚にブロックチェーン技術を活用したNFTを利用し、それぞれ固有のシリアルナンバーが付与されている。今後は、球団公式のデジタルコレクションとして、ファン間でNFTのオンライン売買も可能になる予定(予告なく変更となる可能性あり)。デジタルアイテムの保有に関してはLINE株式会社が、「LINE TECH PLUS PTE. LTD.」を通じて提供する「LINE Blockchain」上で発行されるNFTを利用する。利用者が多いLINEを使用することで、スムーズなユーザー体験が可能で、川崎ブレイブサンダースの「PICKFIVE」提供時にも、9割近いファンが「LINE BITMAX Wallet」の開設まで至ったという。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請