東京ディズニーリゾートの花火「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」が12月1日から再開

スポーツ報知
東京ディズニーランド「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」(C)Disney

 1月8日から休止されていた東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の花火、「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」が12月1日から再開される。

 「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」は、「ピーター・パン」や「塔の上のラプンツェル」、「美女と野獣」、「ピノキオ」などディズニー映画の楽曲のメドレーにのせて花火が打ち上がり、TDL、TDSの夜空を美しく彩る。

 パークでは、1983年のTDL開園当初から、夜空を彩る花火「ファンタジー・イン・ザ・スカイ」を公演。その後も「スターライト・ファンタジー」や「ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ」、「ハピネス・オン・ハイ」など、さまざまな楽曲に合わせた色鮮やかな花火を公演してきた。

 また東京ディズニーリゾート(TDR)25周年、TDS15周年、TDR35周年などには、アニバーサリーを記念した期間限定の花火を公演したほか、ハロウィーンの時期にはハロウィーンの音楽に合わせた花火や、クリスマス時期にはクリ

スマスカラーの花火を公演し、TDL、TDSの夜を華やかに演出してきた。

 TDL開園当初から、パークでの楽しい1日を振り返りながら夜空を見上げる多くのゲストの笑顔を照らしてきた花火「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」は11か月ぶりに復活する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×