【広島】栗林良吏、2年目の球団ダントツ最高額!5300万円で契約更改 今季の森下暢仁「4300万円」抜き

スポーツ報知
栗林良吏

 広島・栗林良吏投手が30日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3700万円増の5300万円でサインした。2年目の年俸は今年の森下暢仁投手の4300万円を大きく上回り、球団史上最高額となった。

 1年目からクローザーとして大活躍。新人の歴代最高記録となる開幕から22試合連続無失点に始まり、2015年のDeNA・山崎に並ぶ新人歴代最多タイとなる37セーブを挙げた。53試合に登板して0勝1敗、防御率0・86。シーズン終盤には09年の中日・岩瀬に並ぶ史上2位タイの20試合連続セーブも達成し、シーズンを通じてセーブ機会での失敗は1度もなかった。

 東京五輪でも侍ジャパンの守護神として金メダルに貢献。DeNA・牧と争う新人王の行方も注目されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×