JOC山下会長、2030年札幌五輪招致に「全力で取り組む」

スポーツ報知
山下泰裕会長

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は30日、都内で定例会見を行い、2030年冬季五輪・パラリンピックの招致を目指している札幌市が29日、大会の概要計画を発表したことを受け「持続可能な社会のあり方を発信する極めて重要なチャンス。東京2020大会はスポーツと社会のあり方を考える大きなきっかけとなった。JOCは札幌市などと緊密に連携し、招致に全力で取り組みたい」と積極的な姿勢を示した。

 賛否両論あった東京五輪が終わったばかりだけに懐疑的な声もあるが、「市民、道民、国民、大会の概要を出来るだけ多くの方に理解いただくように説明していくことが大事。出来るだけ気運を盛り上げたい」とした。札幌市は既存施設を積極的に活用し、経費の大幅削減などの方針を打ち出している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請