【巨人】支配下15選手が戦力外・自由契約 うち12人は育成再契約の見込み…通告期間終了

スポーツ報知
陽岱鋼

 NPBの第2次戦力外通告期間(日本シリーズ終了翌日、出場チームは翌々日まで)が29日に終了した。

 第1次期間も含め、巨人の支配下選手では、来季の契約を結ばない戦力外通告と育成再契約見込みの自由契約合わせて以下の15選手に通知があった。※は育成再契約見込み

 (投)※鍬原拓也、※伊藤優輔、※田中豊樹、※横川凱、古川侑利、※井上温大、※沼田翔平、※堀岡隼人

 (内)※増田陸、松井義弥、※香月一也、※平間隼人、※エスタミー・ウレーニャ

 (外)陽岱鋼、※伊藤海斗

 なお育成選手では山川和大、平井快青、田中優大、加藤壮太の4選手に来季の契約を結ばないと戦力外通告。また、谷岡竜平、与那原大剛、堀田賢慎、黒田響生には自由契約とすることを通達したが、再契約を結ぶ見込み。山下航汰は制度上、一度自由契約となり育成再契約の見込みだったが、他球団で支配下契約を目指すため退団となった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請