大谷翔平がア・リーグ最優秀DH賞に決定 受賞ラッシュの今オフついに11冠目

スポーツ報知
大谷翔平(ロイタ-)

 米大リーグは29日(日本時間30日)、今季のア・リーグ最優秀指名打者(DH)賞に相当するエドガー・マルティネス賞を発表し、エンゼルスの大谷翔平投手が選出された。1973年に設けられた同賞をエ軍の選手が受賞するのは初めて。日本選手としても初選出で、受賞ラッシュの今オフは11個目のタイトルとなった。

 メジャー4年目の今季は二刀流で活躍し、打者としては打率2割5分7厘、46本塁打、100打点、26盗塁をマーク。投手としては9勝2敗、防御率3・18、156奪三振の好成績を残し、満票でア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。

【今オフの主な表彰】

◆ア・リーグ野手部門最優秀選手(ベースボール・ダイジェスト誌)

◆年間最優秀選手(ベースボール・アメリカ紙)

◆コミッショナー特別表彰

◆年間最優秀選手(スポーティング・ニューズ紙)

◆年間最優秀選手(米大リーグ選手会)

◆リーグ最優秀野手(米大リーグ選手会)

◆シルバースラッガー賞(米大リーグ)

◆ア・リーグ最優秀選手(米大リーグ)

◆オールMLBチーム・ファーストチーム=DH(米大リーグ)

◆オールMLBチーム・セカンドチーム=先発投手(米大リーグ)

◆ア・リーグ最優秀指名打者(DH)賞(米大リーグ)

※発表順

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請