【巨人】岡本和真、ゴールデン・グラブ賞と本塁打王ダブル受賞で最強サードだ セは掛布雅之氏のみ

スポーツ報知

 巨人の岡本和真内野手(25)が、史上最強の三塁手を目指す。今季は39本塁打で2年連続本塁打王に輝いただけでなく、三塁手としてもリーグトップの守備率9割8分8厘をマークし、ゴールデン・グラブ(GG)賞の最有力候補。「守備は一番意識をもってやってきました。(GG賞は)毎年、一番取りたい賞。投手に迷惑をかけないように、取れるアウトは確実に取りたい」と、守備力のさらなるレベルアップを目標に掲げた。

 同一シーズンに本塁打王とGG賞を獲得した三塁手は、セ・リーグでは79、82年の掛布雅之(阪神)のみ。主砲としてアーチを量産しつつホットコーナーを固めるのは、それだけ難易度が高いということだ。だが、攻守は表裏一体で、守備力を磨くことが打力アップにつながることもあれば、その逆もありえる。岡本和も「(守備は)やっぱり下半身を使いますし、細かい動きもある。それは僕は打撃に生きると思ってやっているので、継続していきたいなと思います」と意欲的だ。

 レギュラーシーズン終了後に左脇腹を痛めた影響で、ポストシーズンには出場できなかった。それでも秋季練習終盤には本隊合流し、万全に近い状態でオフを過ごせる。「(守備の課題は)全部です。まだまだやれるところはあると思うので、そこをしっかり。うまい人はたくさんいるので、見ながら、教えてもらいながら、そこに近づけるように頑張っていきたいです」。打って、守って、真の大黒柱となる。(尾形 圭亮)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請