東大・高橋佑太郎、独立リーグ高知でプレー継続 安定より後悔しない道…超異例の進路選択は野球への情熱

東大から再び野球の道を歩む高橋(左)と斎藤
東大から再び野球の道を歩む高橋(左)と斎藤

 明治神宮大会は中央学院大(千葉県大学連盟)の初優勝で幕を下ろし、今年の大学野球シーズンが終了。各校の4年生はさまざまな道に進んでいく。そんな中、東京六大学リーグの東大に超異例の進路を選択した部員が2人いる。控えだった高橋佑太郎内野手は、独立リーグ・高知でプレーを継続。斎藤周学生コーチは、一流企業の内定を蹴ってアナリストとしてソフトバンク入りする。この2人に共通するのは、野球に対する熱い思いだった。(北川 栞)

 高橋の人生は、全てが野球中心だった。東大進学を志したのは「神宮でできるのを知っていた」と野球部に入るため。経済学部を選んだのは「卒論がなく、単位さえ取れればあまり出席しないといけない授業もない」と野球に集中するため。夜10時まで自主練習をするのは当たり前で、今月参加した運転免許合宿にも練習道具を持参するほどの自他共に認める大の野球好き。チーム内では「打撃長」として選手の打撃フォームをチェックしたり、アナリストの斎藤とともに相手投手の分析なども行ってきた。

 だが、リーグ戦でのチャンスはなかなか巡ってこなかった。4年春にようやくデビューを果たすも、9試合で9打数1安打。それでも2年頃から漠然と頭に浮かんでいた「野球を続けたい」という思い。結果を残した者だけに声が掛かる社会人ではなく「独立リーグ」を選択肢に入れた。

 リーグ戦で結果を残していない自分が、なぜこれほど野球にこだわるのか。自問自答が続き、一般企業への就職や大学院進学も頭によぎる中、唯一の答えが見つかった。「一回しかない人生の中で、やり切ったと言える選択をしたい。それができるなと思うのが野球だった」。安定した将来でなく、後悔しない道を進むことに決めた。

独立リーグ・高知でプレーを継続する東大・高橋
独立リーグ・高知でプレーを継続する東大・高橋

 身近に最高の手本がいた。13年に、東大から初めて独立リーグ入り(BC信濃)を決めた井坂肇さん(31)=現・星槎道都大野球部コーチ=。1年時に一度食事をしてから、定期的に連絡を取り合っていた。井坂さんに相談に乗ってもらったことで、トライアウトの受験を決意。そして今月8日、四国IL・高知に特別合格選手(球団推薦選手)としての入団が決まった。

 当面はプレーヤーとして全力を尽くす。しかし高橋には、その先の人生も独立リーグのために尽くしたい思いがある。きっかけはトライアウト受験時。「受けに行っても全くポスターだとかがなく、練習場が近いところであってもチームのことを知らない人が多かった。それだと、独立リーグが存在している意義があまりないのかなと」

 もどかしさを感じると同時に、発展途上であるからこその可能性も感じている。「独立リーグは、もっとより良いものにしていける。お金をもらってやる以上は、地域における価値、貢献というのが必要。そこをより高めていくことが必要なのかなと思います」。大の野球好き・高橋佑太郎は、この先の人生も野球とともに生きる。

 ◆高橋 佑太郎(たかはし・ゆうたろう)1999年10月4日、東京・調布市生まれ。22歳。小1から野球を始め、武蔵高では内野手として1年夏からベンチ入りし、3年夏は西東京大会ベスト32。東大では4年春に神宮デビューし、背番号は25。好きな選手はエンゼルスのマイク・トラウト。50メートル6秒6、遠投90メートル。172センチ、72キロ。右投右打。

東大から再び野球の道を歩む高橋(左)と斎藤
独立リーグ・高知でプレーを継続する東大・高橋
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請