【次回注目馬】荒れた最内で3着に粘ったファストフォース 小崎綾也騎手「大した馬です」

スポーツ報知
ハナを切って3着に粘ったファストフォース(左)

◆ファストフォース(11月28日、阪神12R・京阪杯・芝1200メートル=3着)

 スタートは両隣の馬に少し遅れたが、押してハナを主張。直線は馬場の荒れた内ラチ沿いを粘りに粘って馬券圏内を死守した。平均ペースとはいえ後方待機組が1、2、4着。道中のプレッシャーがなかった訳でもなく、強い内容だった。

 小崎綾也騎手は「いいチャンスをもらったので、決めたかったんですが…」と悔しさをにじませながらも「先手を取ってからのリズムは良く、持ち味は生かせたと思います。(連続8週目の)Aコースの最後でこれだけ頑張るんですから、大した馬です」と評価した。

 CBC賞を1分6秒0のJRAレコードで逃げ切り。一級品のスピードに加え、この日のような馬場を苦にしないパワーも備えている。陣営によれば、まだまだ成長する余地があるという。今後も逃げにこだわっていくようなら、モズスーパーフレアのような存在になるかも知れない。(吉村 達)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×