宝塚歌劇OG・八千草薫さんの肖像画複製パネル除幕式に雪組トップコンビが出席

スポーツ報知
八千草薫さん肖像画複製パネル除幕式に出席した(左から)朝月希和、彩風咲奈、木場健之宝塚歌劇団理事長(カメラ・筒井政也)

 宝塚歌劇OGの女優・八千草薫さん(2019年死去、享年88)の肖像画複製パネルが、兵庫県宝塚市の宝塚ホテルのロビーに常設展示されることになり、29日、除幕式が行われた。雪組トップコンビ、彩風咲奈と朝月希和も出席した。

 同ホテルのロビーに飾られ、かつて宝塚大劇場でも使用された緞帳の原画を担当した画家・小磯良平氏が1956年に取り組んだ油彩画「婦人像」の一つ。八千草さんが在団中にヒロインを演じた映画「蝶々夫人」に感銘を受け、週刊朝日の表紙モデルとして和装姿の八千草さんを描いたという。

 八千草さんが所属していた芸能事務所の原田純一代表は「皆さんのご尽力で企画していただいた。天国で恥ずかしそうな、うれしいような、微妙な笑みを浮かべているのでは。多分、喜んでいると思います」と、しみじみと話していた。

 また、2004年に映画「阿修羅のごとく」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した賞状とトロフィーや在団時の写真、プライベートフォトなどが来年1月31日まで展示される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請